和ごころ工房

facebook instagram
TEL 025-527-5560受付時間 10:00-17:00 火曜定休
資料請求 お問合せ

NEWS

2020.07.06

大栄建設株式会社 新卒採用情報 採用データ

    採用データ 募集職種・人数 【建築部】 ・施工管理 2名 【土木部】 ・施工管理 1名 【住宅事業部】 ・設  計 1名 ・施工管理 1名 仕事内容 【建築部の仕事内容は?】 『施工管理職』として、主に建築現場の工事管理業務を行います。工事発注者と工事内容の打ち合わせや、工事に関わる作業員との工程、品質、施工方法などについて打ち合わせを行い、スムーズに良い建物ができるよう管理します。 ------------------------------ 【土木部の仕事内容は?】 『施工管理職』として、主に土木現場の工事管理業務を行います。河川の改修やインフラの整備など社会基盤の整備を通して地域に大きく貢献します。大きなものを作る現場が多いので、ドローンで現場の調査をすることも多いです。 ------------------------------- 【住宅事業部の仕事は?】 ・『営業職』は新築・建替え・リフォームを検討されているお客様の家づくりの第一歩から完成までサポートします。資金計画立案や、土地探しのお手伝いなども。 ・『設計職』は家の設計図を作成し、お客様の住まいの形を具体化していきます。 ・『施工管理職』は、住宅工事の工程管理をします。大工や現場の作業員、そしてお施主様からの信頼を得ながら、家が完成するまでの現場をひっぱっていく存在です。 募集学科 全学部全学科 給与 大 卒/月給  195,000円 短大卒/月給  175,000円 専門学校卒/月給  175,000円 高 卒/月給  165,000円 ※職種により変動があります 諸手当 通勤手当 資格手当 役職手当など 昇給・賞与 昇 給/年1回 (6月) 賞 与/年2回 (8月・12月) 勤務地 【建築部】【土木部】 本 社 (上越市南本町2-11-7) 【住宅事業部】 和ごころ工房 (上越市上中田1041-1) 勤務時間 8:00~17:30(休憩時間90分) 休日休暇 隔週土曜・日曜・祝日 詳細は会社カレンダーによる 夏季・年末年始・GW休暇あり 年間休日105日 有給休暇あり 福利厚生 各種社会保険完備(雇用・労災・健康保険・厚生年金保険) 教育研修 新入社員研修 OJT研修 資格研修 管理職研修など 採用実績校 日本大学・帝京大学・関東学院大学・新潟工科大学など 新潟工科専門学校・新潟ビジネス専門学校など 選考方法 面接・適性検査 提出書類 履歴書・卒業見込証明書・成績証明書 求める人物像 ・何かを長く続けてきた方。 ・多くの人と関わり合いながら何かを作り上げることに興味がある方。 ・やるときはやる・休む時は休むを実践したい方、自分のスキルアップ、ライフプランを充実したい方を歓迎します。 ★ひとつの家や建物、構造物が完成するまでには長い時間を要します。 1人で完結する仕事は無く、様々な人と協力し合いながら進める仕事です。 過去2年の新卒採用者数(男女別) 2019年 男性1名/女性0名 2018年 男性0名/女性2名 前年度の所定外労働時間(月平均) 8.5時間 ※職種によりますが、残業ゼロを目指しています 前年度の有給休暇 平均取得日数 8.5日 ※着々と取得率は伸びています!   ・採用の流れ  1)書類審査(事前に応募書類をお送りください)  ▼  2)一次選考(適性検査、面接)合同企業説明会  ▼  3)二次選考(面接)会社説明会  ▼  4)内定! 選考内容、面接回数は、選考状況により変更する場合があります。   ・会社説明会 (前年度、今年度開催実績あり)  随時開催につき、下記よりお問い合わせ願います   ・インターンシップ (前年度、開催実績あり)  随時開催につき、下記よりお問い合わせ願います   企業データページはこちら   連絡先 大栄建設株式会社 〒943-0841 新潟県上越市南本町2丁目11番7号  TEL/025-523-2919 E-mail/k-oshima@daiei-const.com 担当/管理部 大島 和美

2020.07.06

大栄建設株式会社 新卒採用情報 企業データ

   働きやすい建設業、ココにあります!       私たち大栄建設は郷土上越に根差し、街づくり、暮らしづくりに貢献している創業約70年の老舗建設企業です。 『建築部』『土木部』『住宅事業部』の3つの事業を展開し、住みよい地域と豊かな社会づくりに取り組んでいます。 確かな技術で信頼に応え、地域を支える総合建設業。 普通の建設業かな?と思ったかもしれませんが、働いている社員はこう言います。 「こんなに働きやすい建設業ってあるの?」。 残業ほぼゼロで、半日単位で有給取得が可能。有給が取りにくい雰囲気もゼロ。 体育会系な人も、真面目すぎる人もなぜか溶け込む会社の雰囲気。 そして、社員1人1人に合わせたスキルアップの機会を設け、着実な成長を見据える会社です。 働きやすさ、働き甲斐、自身の成長を目指す方は、きっと楽しく活躍できるはず。 あなたらしさを磨きながら、大栄建設で輝いてみませんか? 事業内容 ○建築工事業(公共・一般) 企画 ・設計 ・施工 ・メンテナンス ○土木工事業(公共・一般)企画 ・設計 ・施工 ・メンテナンス ○住宅建築工事業(注文住宅・リフォーム) 企画 ・設計 ・施工 ・メンテナンス ○宅地建物取引業 【建築部】の実績・事業内容は? 学校や病院、福祉施設など、主に鉄筋コンクリートの建物をつくっています。 地元の小中学校や高校などの公共施設、飲食店やクリニック、商業施設などの『街のシンボル』とも言える建築物を多数手掛けてきました。高田駅前の雁木など、上越の様々な場所に当社の施工実績があります。 【土木部】の事業内容は? 市道や歩道の新設・改良工事の他、河川の改修や災害復旧工事など、地域のインフラ整備を行います。 さらに住宅事業部と連携し、エクステリア(フェンスや庭の芝貼り)なども手掛けます。 【住宅事業部】の事業内容は? 主に一般住宅を手掛けています。「和ごころ工房」のブランド名にて、ライフスタイルに合った自然の素材によるぬくもり優しい住まいを設計・建築しています。 ほか、店舗の新築、リフォームの設計・施工を行い、安心と快適を提案し、お客様が暮らしを楽しめるようにスタイリングします。 【大栄建設の特徴①】 女性スタッフ活躍中! 大栄建設では社員の20%強が女性スタッフです。公共工事・民間工事・一般住宅問わず女性ならではの視点からきめ細やかな仕事をし、職場環境の整備でも力を発揮してくれています。また女性スタッフが管理的地位 の10%を占めています。産休・育休制度も充実しており、復帰後の時短勤務など臨機応変に対応しています。 【大栄建設の特徴②】 身だしなみの自由度高いです! ヘアカラーやネイルはOK、髪型自由です。もちろん仕事に支障の無い範囲、社会人としての限度はありますが自由度は高いです。 【大栄建設の特徴③】 1人1人の成長を見据えます 業務に関する各種研修はもちろん、個々に合った外部研修を社長がブッキングしてくることも。仕事に直接関係がなくても、1人1人が見聞を広げ成長することを促す社風です。 創業 1954(昭和29)年3月29日 資本金 5,000万円 売上高 10億5千万円(2018年度実績) 代表者 代表取締役社長 大島 隆一郎 社員数 29名(2020年7月現在) 所在地 新潟県上越市南本町2丁目11番7号 事業所 【住宅事業部事務所】 新潟県上越市上中田1041-1 関連会社 有限会社アオバ   採用データページはこちら   連絡先 大栄建設株式会社 〒943-0841 新潟県上越市南本町2丁目11番7号  TEL/025-523-2919 E-mail/k-oshima@daiei-const.com 担当/管理部 大島 和美

2019.04.22

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化・高効率化によって、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光 発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味のエネルギー量が概ねゼロとする住宅です。 これにより、家庭部門におけるエネルギー需給構造を抜本的に改善することが期待されます。 参照:経済産業省ホームページ http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh_report/   ↓SII ホームページより 政策目標とその達成にむけたZEHロードマップに基づき、ZEHの自立的普及を目指して高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。 ZEH 受託率(Nearly ZEH含む) 平成28年度目標 10%    実績 0% 平成29年度目標 20%    実績 0% 平成30年度目標 30%    実績 0% 平成31年度目標 40% 平成32年度目標 50%  【補助金について】 平成31年度も昨年に引き続き、ZEHを建てられた方へ補助金が交付されます。 今後はソーラーによる発電に加え、蓄電池も考慮する必要があります。 ZEHやソーラー発電、蓄電池について御興味のある方、詳しくは【和ごころ工房】までお問い合わせください。

2017.04.27

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化・高効率化によって、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光 発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味のエネルギー量が概ねゼロとする住宅です。 これにより、家庭部門におけるエネルギー需給構造を抜本的に改善することが期待されます。 参照:経済産業省ホームページ http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh_report/   ↓SII ホームページより 政策目標とその達成にむけたZEHロードマップに基づき、ZEHの自立的普及を目指して高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。 ZEH 受託率(Nearly ZEH含む) 平成28年度目標 10%    実績 0% 平成29年度目標 20% 平成30年度目標 30% 平成31年度目標 40% 平成32年度目標 50%  【補助金について】 平成29年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業として、経済産業省から、1戸あたり75万円の補助金(9,700件程度)が出ます。 詳しくは和ごころ工房へお問い合わせください。

2016.06.12

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業について その2

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化・高効率化によって、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光 発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味のエネルギー量が概ねゼロとする住宅です。 これにより、家庭部門におけるエネルギー需給構造を抜本的に改善することが期待されます。 <span "MS="" 10pt;’="" ゴシック";="">参照:経済産業省ホームページ http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh_report/   <span "MS="" 10pt;’="" ゴシック";="">↓SII<span "MS="" 10pt;’="" ゴシック";=""> ホームページ<span "MS="" 10pt;’="" ゴシック";="">より 政策目標とその達成にむけたZEHロードマップに基づき、ZEHの自立的普及を目指して高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。 この補助金を受けるにはZEHビルダーへの登録が必要です。 そこで当社は、以下の目標を掲げ、ZEH普及に努めていきます。 ZEH 受託率(Nearly ZEH含む) 平成28年度目標 10% 平成29年度目標 20% 平成30年度目標 30% 平成31年度目標 40% 平成32年度目標 50%  【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策 ZEH<span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">の内容や、弊社のZEHへの取り組みをホームページやブログ、チラシ等に内容の告知を行い周知を図ります。 <span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">施工中においてはホームページ上で公開し、更なる周知を図ります。 <span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">完成見学会や相談会を実施することで、より具体的な内容を分かりやすく説明し、周知・普及に努めます。 <span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">【2】ZEHのコストダウンについての具体策 <span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">設計段階における、外皮性能計算や1次消費エネルギー計算を自社で行うことで、コストダウンを図ります。 <span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">また、温熱室温シュミレーションを使用し、適切な断熱性能や冷暖房機器の提案を行い、設備のコストを抑えていきます。 <span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">【3】その他の取り組みなど <span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">ZEH<span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">や省エネルギー関するセミナー等へ参加を積極的に行うことで、常に最新の情報を得て、社内外に周知・徹底することで知識や技術の向上を図ります。 <span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">また、断熱性能向上や創エネエルギー採用に併せ、パッシブデザインを取り入れて通風や採光といった自然エネルギーを利用し、更なる省エネルギー化を図ります。 <span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;=""><span "MS="" Pゴシック";="" ar-sa;’="" ja;="" en-us;="" arial;="" 12pt;="">ご興味ございましたら和ごころ工房へお問い合わせください。

2016.05.07

平成28年度 住宅リフォーム促進事業の締め切りが迫っています

上越市では、地域経済の活性化と、住環境の改善を図るため、市民が自己の居住する住宅等を施工業者によりリフォームをする場合に、その経費の一部を補助しています。 詳細は下記リンク(上越市ホームページ)からご参照ください。 http://www.city.joetsu.niigata.jp/soshiki/kenjuu/h28reform.html 締め切りは、平成28年5月10日(火)までです。 ご計画がございましたら和ごころ工房までご相談ください。

2016.04.25

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) 支援事業について

経済産業省は、2016年度予算で実施する「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入事業費補助金(ZEH:通称・ぜっち」の概要案を公表しました。 ZEHとは、夏は涼しく、冬は暖かい住宅のようなエネルギーを極力必要としない室内環境を保ちながら、設備機器を通じてエネルギーを上手に使い、太陽光発電などでエネルギーをつくることで、年間で消費する住宅のエネルギー量が実質(ネット)概ねゼロ以下となる住宅のことです。 ご興味ございましたら和ごころ工房へお問い合わせください。

2015.09.25

省エネ住宅ポイント

本年3月よりポイント申請が実施されている『省エネ住宅ポイント』の 申請受付状況が9月21日現在で68%と発表されました。 それによると、当初予算額905億円に対して約615億円の申請がされた事になります。 残予算は290億円弱となることから早ければ10月、遅くても予定通りの11月には予算金額が終了となりそうです。 申請がお済みで無い方はお早目の申請をお勧め致します‼

2015.04.15

すまい給付金の申請期限延長について

昨年4月1日より『住まい給付金』の申請が始まり、1年余りが経過しましたが、国土交通省より従来、引渡から1年以内としていた申請期限を当面の間、1年3ヶ月以内に延長する旨の発表がありました。 給付については一定の条件を満たし、収入と持分によって給付額は変わりますが3ヶ月の延長は歓迎すべき事だと思います。 しかし、『今後の実施状況を踏まえ、本延長措置は終了する事があります。』との要綱も付け加えられていますので、なるべく早い申請をお勧め致します。 詳しくは、                            『住まい給付金』                          ナビダイヤル    0570-064-186                    一部のIP電話からは 045-330-1904                                     いずれも通話料金が掛かります。                   又は        http://sumai-kyufu.jp をご覧下さい。

トップに戻る